ここから本文

新型コロナウイルス感染症関係

町民の皆さんへ(新型コロナ関連)

コロナに関する支援の流れ(令和4年9月26日)

新型コロナウイルス感染者の全数届出の見直しに伴い、道では、令和4年9月26日から、ご高齢や重症化しやすい人々に適切な医療の提供を行うため、症状が軽い人は、ご自身の健康管理による自宅療養を基本とし、体調が悪化した場合に相談対応する、「北海道陽性者健康サポートセンター」の運用を開始しています。
コロナに関する支援の流れ(北海道のホームページへリンクします)

コロナに関する支援の流れ(257.92 KB) 

新型コロナウイルス感染症と診断された人へ(令和4年10月6日)

道における新型コロナウイルス感染者への支援の流れの変更に伴い、十勝総合振興局では、新型コロナウイルス感染症と診断された人への療養機関中の案内を新たにお知らせしています。
新型コロナウイルス感染症と診断された方へ(十勝総合振興局のページへリンクします)

また、道のホームページでは、陽性と診断された人への自宅療養の流れなどをお知らせしています。
陽性と診断された方へのお知らせ(北海道のホームページへリンクします)

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ(595.35 KB)

北海道陽性者登録センターについて(令和4年9月14日)

道では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和し、迅速な陽性判定ができるよう、有症状の人への抗原定性検査キットの配布、陽性者登録を行う北海道陽性者登録センターを設置しています。
北海道陽性者登録センター(北海道のホームページへリンクします)

北海道陽性者登録センターについて(133.79 KB)

北海道陽性者登録センターの設置について(227.81 KB)

新型コロナウイルス感染症の療養期間について(令和4年9月12日)

陽性となった人の療養期間

新型コロナウイルス感染症の療養期間について、感染者(陽性となった人)の自宅療養期間が、10日間から7日間に変更になりました。
これまで 変更後(9月7日から)
症状あり 10日間(症状軽快後72時間経過) 7日間(症状軽快後24時間経過)
症状なし 7日間 5日間(5日目検査で陰性確認)
(注)検査しない場合は7日間
ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について(北海道のホームページへリンクします)

町民の皆さんへお願い(1月18日)

感染拡大防止に向けた道民の皆さまへのお願い

感染の拡大を防いでいくために、引き続き、「普段から」、「飲食では」、「感染に不安を感じるときは」における3つの行動を実践しましょう。
発症予防や重症化予防のため、ワクチン接種を積極的に検討しましょう。
マスクに関しては、屋内外などの場所や会話の有無などの場面に応じて着用しましょう。
十勝総合振興局からのお知らせ(令和5年1月18日)(177.97 KB)

3つの行動とワクチンの接種

普段から

三密回避、人との距離確保、マスク着用、手指消毒、換気を徹底しましょう。
  • 混雑している場所や感染リスクの高い場所はできる限り避けて行動しましょう。
  • 普段会わない人や感染リスクの高い人と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底しましょう。
  • 他の都府県への移動に際しては、基本的な対策を徹底し、移動先での感染リスクの高い行動を控えましょう。

飲食では

短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用しましょう。
  • 特に大人数や普段会わない人との飲食の際は、より一層徹底しましょう。
  • 北海道飲食店感染防止対策認定店等を利用し、飲食店等の感染防止対策に協力しましょう。

感染に不安を感じる時は

無症状で感染に不安を感じるときは、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査を受けましょう。(無症状の人に限ります)
  • 有症状で高齢者など重症化リスクが高く診察を希望する場合は、かかりつけ医または「北海道コロナウイルス感染症健康相談センター(0120-501-507)」に連絡しましょう。
  • 有症状・軽症で重症化リスクが低く、自己検査を希望する場合は、「北海道陽性者登録センター」医に連絡しましょう。
北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターについて(北海道のホームページにリンクします)
十勝管内のPCR等無料検査事業所一覧(北海道専用ホームページへリンクします)

ワクチン接種をご検討ください

接種できる時期が来た際は、早期のワクチン接種をご検討ください。

マスク着用の注意点

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着脱について、国から取り扱いが示されました。
マスク着用についての取扱い(北海道のホームページへリンクします)



マスクの着用について(337.47 KB)
マスク着用の基本的な考え方(380.44 KB)

新北海道スタイル7つのポイントプラス1

新北海道スタイル(北海道公式ホームページへ移動します)

 感染防止行動の実践

3つの場面での行動のポイント

基本行動

  • 手洗い
  • 咳エチケット
  • マスク着用
  • 人との距離をとる

1.外出の際には

  • 体調が悪いときは外出を控える
  • 重症化リスクが高い人と接する際はリスク回避行動を徹底する

2.飲食の際には

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する
  • 「黙食」を実践する(短時間で深酒をせず、大声を出さず、会話のときはマスクを着用)

3.職場内では

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践を進める
  • 休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策を徹底する
  • テレワークや時差出勤を推進する

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

現下の感染急拡大を受け、道では、重症化リスクが高い患者の人を迅速かつ的確に必要な医療につなげることを念頭に、これまで保健所が行ってきた濃厚接触者の調査の対象を原則、同居家族や医療機関、介護福祉施設等に重点化しています。このため、その他の対象者の人たちや職場などに関しては、保健所からご連絡をせず、自宅待機(外出自粛)とご自身による健康状態の確認などをお願いしています。
ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について(北海道のホームページへリンクします)

家庭内でご注意いただきたいこと(令和4年3月18日)

現在は保育園や幼稚園、小中学校の児童生徒にも多くの感染者が出ており、子どもから保護者などの同居家族へ感染が広がる家庭内感染が多くなっています。
ご家庭に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、同居のご家族は以下の点に注意してください


家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(190.93 KB)
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)(厚生労働省ホームページに移動)

オミクロン株の感染拡大による無料検査について(令和4年1月11日)

 ワクチン接種の有無にかかわらず、オミクロン株の感染拡大により、感染に不安を感じる無症状の人は、検査を受けましょう。
 
 特に、ワクチン接種を受けられない人や、次のような行動履歴等があるなど、不安な人は、検査をうけましょう。
  • 海外・道外・オミクロン株感染拡大地域に行っていた。
  • 周囲に感染者が確認されたが、濃厚接触者からは外れた。
  • 年末年始に、普段会わない人と行動を共にした。
  • 大人数、長時間、マスクなしでの飲食があった。
 検査を受ける場合、希望する実施場所へ、事前の確認をお願いします。
 PCR等検査無料化事業について(北海道公式ホームページに移動)

イベント開催制限について(1月30日)

感染防止に向けたイベントの人数上限および収容要件が、1月30日から変更になりました。今後も感染リスク低減策を十分講じた上で開催いただきますようお願いします。
イベント開催制限について(北海道公式ホームページに移動)

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の機能停止について(令和4年11月25日)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、利用者が感染者と接触した可能性について通知を受けることができる新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の配信をしていましたが、陽性者の全数届出の見直しにより、陽性登録が可能な人が限られることから、本アプリの機能を停止することとしました。
11月17日から、機能停止版アプリが配信されていますので、本アプリを利用している人は、アプリ内の画面の案内に従い、機能停止の手続きをお願いします。
新型コロナウイルス接諸侯確認アプリ(COCOA)の機能停止について(厚生労働省ホームページ)
新型コロナウイルス接触確認アプリについて(厚生労働省ホームページ)

【音更町を元気に!プロジェクト】「おとふけ割」期間延長・対象拡大で実施しています(令和4年3月31日)

音更町宿泊助成事業「おとふけ割」につきまして、期間を4月27日(火曜日)宿泊分まで延長するとともに、助成対象を北海道民に拡大して実施しています。
詳細はこちら(内部ページへリンクします

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで