ここから本文

新型コロナウイルス感染症関係

町民の皆さんへ(新型コロナ関連)

北海道陽性者登録センターについて(令和4年9月14日)

道では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、診療・検査医療機関への受診の集中を緩和し、迅速な陽性判定ができるよう、有症状の人への抗原定性検査キットの配布、陽性者登録を行う北海道陽性者登録センターを設置しています。
北海道陽性者登録センター(北海道のホームページへリンクします)

北海道陽性者登録センターについて(133.79 KB)

北海道陽性者登録センターの設置について(227.81 KB)

対象者

次の条件のすべてに該当する人が対象です。
  • 道内にお住まい(長期滞在者を含む)で、診療・検査医療機関(発熱外来)が混み合っており、予約や受診・検査が困難な人
  • 64歳以下の人
  • 有症状(軽症)で、重症化リスク(人工透析患者、妊娠中の人、抗がん剤による治療中または治療直後の人)に該当しない人
(注)水分が飲めない、ぐったりして動けない、呼吸が苦しい、呼吸が速い、発熱が4日以上続くなどの症状が重い人は、医療機関を受診してください。

検査キットの配布(無料)

希望する有症状(軽症)の人に検査キットを配布しています。下記アドレスの申請フォームから申し込みをしてください。
北海道抗原検査キットお申し込みフォーム(外部サイトへリンクします)

検査結果の登録など

検査キットを用いた自主検査の結果が陽性となった人は、必ず陽性者登録センターへの登録をお願いします。下記アドレスの申請フォームからメールアドレスを登録し、陽性者登録の申し込みをしてください。
陽性者登録メールアドレス認証フォーム(外部サイトへリンクします)

検査キットの配布・陽性者登録に関するお問い合わせ先

北海道陽性者登録センター

電話番号

0120-025-451

受付時間

午前9時から午後5時30分まで

新型コロナウイルス感染症の療養期間について(令和4年9月12日)

陽性となった人の療養期間

新型コロナウイルス感染症の療養期間について、感染者(陽性となった人)の自宅療養期間が、10日間から7日間に変更になりました。
これまで 変更後(9月7日から)
症状あり 10日間(症状軽快後72時間経過) 7日間(症状軽快後24時間経過)
症状なし 7日間 5日間(5日目検査で陰性確認)
(注)検査しない場合は7日間
ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について(北海道のホームページへリンクします)

町民の皆さんへお願い(令和4年8月10日更新)

夏の感染拡大防止パッケージについて

全国的にBA.5系統を中心とする感染が拡大し、北海道の新規感染症数も過去最多を更新しています。今後、お盆の時期を迎え、帰省など人の移動が活発化することで感染者数や入院患者がさらに増加することも懸念されます。
北海道は「BA.5対策強化宣言」を行い、道、道民、事業者がそれぞれの役割を果たしながら、「夏の感染拡大防止パッケージ」として、集中的に取組を展開します。

集中取組期間

8月10日(水曜日)から8月31日(水曜日)まで

対象地域

全道域

取組1

保健・医療提供機能の十分な発揮

取組2

感染防止行動の徹底とワクチンの接種

取組3

感染防止対策と社会経済活動の両立

各取り組みの詳しい内容は北海道の夏の感染拡大防止パッケージ(外部サイトへリンクします)(266.66 KB)からご確認ください。
 

感染拡大防止に向けた道民の皆さまへのお願い

感染の拡大を防いでいくために、引き続き、「普段から」、「飲食では」、「感染に不安を感じるときは」における3つの行動を実践しましょう。
発症予防や重症化予防のため、ワクチン接種を積極的に検討しましょう。
マスクに関しては、屋内外などの場所や会話の有無などの場面に応じて着用しましょう。

3つの行動とワクチンの接種

普段から

三密回避、人との距離確保、マスク着用、手指消毒、換気を徹底しましょう。
  • 混雑している場所や感染リスクの高い場所はできる限り避けて行動しましょう。
  • 普段会わない人や感染リスクの高い人と接する際は、基本的な感染防止対策を更に徹底しましょう。
  • 他の都府県への移動に際しては、基本的な対策を徹底し、移動先での感染リスクの高い行動を控えましょう。

飲食では

短時間、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用しましょう。
  • 特に大人数や普段会わない人との飲食の際は、より一層徹底しましょう。
  • 北海道飲食店感染防止対策認定店等を利用し、飲食店等の感染防止対策に協力しましょう。

感染に不安を感じる時は

ワクチン接種の有無にかかわらず、検査を受けましょう。(無症状の人に限ります。)
  • 発熱等の症状がある場合は、外出や移動を控え、医療機関を受診しましょう。
十勝管内のPCR等無料検査事業所一覧(北海道専用ホームページへリンクします)

ワクチン接種をご検討ください

  • 若年者であっても、重症化することや後遺症が生じることがありますので、積極的に3回目接種をご検討ください。
  • 60歳以上の高齢者など接種の対象となる人は、重症化予防のため、積極的に4回目接種をご検討ください。

マスク着用の注意点

今後、気温や湿度が高くなる季節を迎え、熱中症のリスクが高くなる懸念などもあることから、マスク着用の考え方などについて、国から取り扱いが示されました。


感染拡大防止に向けた道民の皆様へのお願い(264.86 KB)
十勝総合振興局からのお知らせ(令和4年8月10日)(176.16 KB)
マスク着用についての取扱い(北海道のホームページへリンクします)

新北海道スタイル7つのポイントプラス1

新北海道スタイル(北海道公式ホームページへ移動します)

 感染防止行動の実践

3つの場面での行動のポイント

基本行動

  • 手洗い
  • 咳エチケット
  • マスク着用
  • 人との距離をとる

1.外出の際には

  • 体調が悪いときは外出を控える
  • 重症化リスクが高い人と接する際はリスク回避行動を徹底する

2.飲食の際には

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する
  • 「黙食」を実践する(短時間で深酒をせず、大声を出さず、会話のときはマスクを着用)

3.職場内では

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践を進める
  • 休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策を徹底する
  • テレワークや時差出勤を推進する

コロナ検査の結果陽性となった人へのお願い(令和4年5月10日更新)

コロナ検査の結果陽性となった人へのお願い(十勝総合振興局のホームページへリンクします)


コロナ検査の結果陽性となった人へのお願い(334.69 KB)

ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について

現下の感染急拡大を受け、道では、重症化リスクが高い患者の人を迅速かつ的確に必要な医療につなげることを念頭に、これまで保健所が行ってきた濃厚接触者の調査の対象を原則、同居家族や医療機関、介護福祉施設等に重点化しています。このため、その他の対象者の人たちや職場などに関しては、保健所からご連絡をせず、自宅待機(外出自粛)とご自身による健康状態の確認などをお願いしています。
ご自身や身近な人が新型コロナに感染したときの対応について(北海道のホームページへリンクします)

家庭内でご注意いただきたいこと(令和4年3月18日更新)

現在は保育園や幼稚園、小中学校の児童生徒にも多くの感染者が出ており、子どもから保護者などの同居家族へ感染が広がる家庭内感染が多くなっています。
ご家庭に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、同居のご家族は以下の点に注意してください


家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~(190.93 KB)
新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)(厚生労働省ホームページに移動)

オミクロン株の感染拡大による無料検査について(令和4年1月11日更新)

 ワクチン接種の有無にかかわらず、オミクロン株の感染拡大により、感染に不安を感じる無症状の人は、検査を受けましょう。
 
 特に、ワクチン接種を受けられない人や、次のような行動履歴等があるなど、不安な人は、検査をうけましょう。
  • 海外・道外・オミクロン株感染拡大地域に行っていた。
  • 周囲に感染者が確認されたが、濃厚接触者からは外れた。
  • 年末年始に、普段会わない人と行動を共にした。
  • 大人数、長時間、マスクなしでの飲食があった。
 検査を受ける場合、希望する実施場所へ、事前の確認をお願いします。
 PCR等検査無料化事業について(北海道公式ホームページに移動)

イベント開催制限について(令和3年11月22日更新)

 イベントの人数上限および収容要件については、以下のリンク先をご覧ください。今後も感染リスク低減策を十分講じた上で開催いただきますようお願いします。
イベント開催制限について(北海道公式ホームページに移動)

北海道コロナ通知システムについて(令和2年6月26日更新)

北海道は、不特定多数の人が利用する施設やイベントなどにおいて、新型コロナウイルスが拡大することを防止するため「北海道コロナ通知システム」の利用を開始しています。このシステムを利用したイベントなどに参加したときは、ご協力をお願いいたします。
  • 施設利用やイベントに参加したときに、QRコードからEメールアドレスをご登録いただくと、同じ日、同じ施設を利用した人の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、北海道からEメールでお知らせします。
  • このシステムは、感染者が同じ施設を利用していた可能性が高いものの、どの程度の接触があったかはわかりませんので、ご利用者に感染の疑いがあるとは限りません。
北海道コロナ通知システム

事業者の皆さんへ

「北海道コロナ通知システム」へ登録することにより、感染防止対策に取り組んでいる施設である事が認知され、施設利用者(お客様)に安心して利用していただくことができます。また、お知らせを受け取った人の体調が悪化した場合、相談窓口に連絡することでスムーズな対応が受けられますので、積極的な登録をお願いします。
北海道コロナ通知システム(北海道公式ホームページに移動)

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について(令和2年11月2日更新)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、利用者が感染者と接触した可能性について通知を受けることができる「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の配信をしています。このアプリは、感染の可能性をいち早く知ることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや、外出自粛など適切な行動をとることができ、感染の拡大防止につながります。また、接触の可能性について通知を受け取った人は、相談センターなどに相談の上で検査を受ける場合には、利用者本人の検査に係る費用負担なしに検査を実施することができます。個人が特定される情報や、陽性者と接触者との関係についての情報は一切記録されず、プライバシーは十分に保護されています。ご自身のスマートフォンにインストールして、是非ご利用いただきますようお願いします。
COCOA
新型コロナウイルス接触確認アプリについて(厚生労働省ホームページ)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)チラシ(1.28 MB)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)利用者向けQ&A(122.90 KB)

【音更町を元気に!プロジェクト】「おとふけ割」期間延長・対象拡大で実施しています(3月31日更新)

音更町宿泊助成事業「おとふけ割」につきまして、期間を4月27日(火曜日)宿泊分まで延長するとともに、助成対象を北海道民に拡大して実施しています。
詳細はこちら(内部ページへリンクします)

音更でテイクアウト【飲食店を応援するサイトを紹介します!】(令和2年7月8日更新)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、大きな打撃を受けた飲食店を応援するため、テイクアウト可能な町内のお店を紹介します。
 テイクアウト詳細ページはこちら

【事業終了】おとふけ飲食店応援クーポン券を交付します(令和2年10月1日更新)

町と音更町商工会は協力して、新型コロナウイルス感染症の影響により、経営状況が悪化した町内で飲食業を営む人を支援するため、「おとふけ飲食店応援クーポン券」を交付します。
(注)9月30日(水曜日)をもって事業終了しました。

交付対象者

令和2年6月1日から9月25日までの間において本町の住民基本台帳に記載されている人

クーポン券

1人当たり500円×2枚=1,000円
クーポン券の引換券に記載された枚数(世帯人数分)を交付します。引換時には必ずクーポン券引換券をお持ちください。

引換場所

町内の7つの郵便局で引換ができます。
(音更郵便局、音更大通郵便局、音更緑陽台郵便局、木野郵便局、鈴蘭郵便局、駒場郵便局)

引換期間

令和2年6月29日(月曜日)から令和2年7月31日(金曜日)まで

使用期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで