ここから本文

新型コロナウイルス感染症関係

新型コロナウイルス感染症について町長からのメッセージ

町民の皆さんへ

 北海道の感染状況は新規感染者数や療養者数は減少傾向が見られるものの、国のステージⅣの目安を超えていることや札幌市内の病床使用率が50%を超えているなど、依然として厳しい状況が続いていることから、北海道を含む19都道府県で緊急事態宣言を9月30日まで延長することが決定されました。
 道内においては、引き続き、札幌市、石狩地方、小樽市及び旭川市を特定措置区域として、お酒を提供する飲食店に休業要請を行うとともに、音更町を含めたそれ以外の地域とする措置区域には、営業時間の短縮など強い措置が行われます。
 十勝管内においても、新規感染者は減少傾向にあるものの、新型コロナウイルスの感染者が累計で2千人を超えており、依然として複数の集団感染が発生しているほか、幅広い世代で感染者が急増し、特に小さなお子さんに感染するなど家庭内感染による子ども世代への感染も増えています。
 また、感染しても大半が軽症で済むと言われた若い人についても、最近は重症化の事例が報告され、嗅覚や味覚障害・疲労感・記憶障害・脱毛などの後遺症に長く苦しんでいる人もおり、コロナの後遺症は人生を破壊すると指摘する専門家もおります。
 これ以上の感染拡大を抑えるために、引き続き、人と人との接触機会を徹底的に低減するなどの感染拡大防止対策をお願いいたします。
 町民の皆さんには、日常生活のあらゆる場面で、感染予防対策である手洗いやマスクの着用、人との距離の確保、更にはワクチン接種などを行うことが、ご自身、ご家族、大切な方への感染を防ぐことになることから、引き続き、ご不便とご負担をおかけしますが、道内、そして十勝管内の感染拡大を食い止めるため、対策へのご理解とご協力をお願いいたします。
   

令和3年9月10日
音更町長  小  野  信  次

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで