ここから本文

新型コロナウイルス感染症関係

町民の皆さんへ(新型コロナ関連)

町民の皆さんへお願い(8月2日更新)

 国は、新型コロナウイルスの感染の急拡大を受け、埼玉、千葉、神奈川、大阪の4都道府県に緊急
事態宣言を再発令しました。緊急事態宣言発令中の沖縄と東京は、期限が8月31日まで延長になりま
した。また、北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5都道府県は、まん延防止等重点措置が適用され、
期間は、いずれも8月2日から8月31日とまでとなっています。全道民に対して、他都道府県との往来
や長時間・大人数の会食などについて、慎重な行動を要請しています。町民の皆さんには、札幌市や
感染拡大地域との往来を控えるほか、基本的な感染対策を一層徹底するなど感染を防ぐ行動、定着へ
のご協力をお願いいたします。

緊急事態措置の対象地域について

緊急事態措置の対象地域について
緊急事態措置の対象地域 緊急事態措置の実施期間
沖縄県 令和3年5月23日から令和3年8月31日まで
東京都 令和3年7月12日から令和3年8月31日まで
埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府 令和3年8月2日から令和3年8月31日まで

まん延防止等重点措置の対象地域について

 まん延防止等重点措置は、地域の感染状況に応じて期間・区域、業態を絞った措置を機動的に実施できる仕組みです。発生の動向等を踏まえた集中的な対策により、地域的に感染を抑え込み、さらには全国的かつ急速なまん延を防ぐことを目的としています。

まん延防止重点措置の実施区域 まん延防止等重点措置の実施期間
北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県 令和3年8月2日から令和3年8月31日まで

北海道の対策について

 道は、国によるまん延防止重点措置の適用を踏まえ、札幌市内を措置区域とし、人と人との接触機会を低減するため、道民等に対する必要な協力を働きかけることとしています。

道民への要請

  • 基本的な感染防止対策を徹底する(マスクの着用、手洗い、手指消毒の実施、人と人との距離の確保、密閉、密集、密接の3密の回避、感染リスクが高まる5つの場面(注)の回避)
(注)飲酒を伴う懇親会など、大人数や長時間におよぶ会食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり
 
  • 重症化リスクの高い人(注)と接する際は、リスク回避行動を徹底する。
(注)高齢者、基礎疾患のある人、一部の妊娠後期の人
 
  • 札幌市との不要不急の往来は控える。
  • 「緊急事態措置区域」および「まん延防止等重点措置区域」との不要不急の往来は極力控える。
  • その他府県への移動は「3つの密」の回避を含め、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、特に大人数(5人以上)の会食は控えるなど慎重に行動する
  • 感染防止対策が徹底されていない飲食店などの利用を控える。
  • 飲食店等が実施している感染防止対策に協力する。
  • 「黙食」を実践する(食事は4人以内、短時間、深酒をしない、大声を出さない、会話の時はマスクを着用)
  • 路上・公園等における集団での飲酒を控える。

北海道におけるまん延防止等重点措置(229.15 KB)

 感染防止行動の実践

3つの場面での行動のポイント

基本行動

  • 手洗い
  • 咳エチケット
  • マスク着用
  • 人との距離をとる

1.外出の際には

  • 体調が悪いときは外出を控える
  • 重症化リスクが高い人と接する際はリスク回避行動を徹底する
  • 外出自粛など都府県において行動制限が要請されている地域との不要不急の往来を控える
  • まん延防止等重点措置を実施すべき区域を含む都府県との不要不急の往来を控える

2.飲食の際には

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践などを宣言している店舗を利用する
  • 「黙食」を実践する(食事は4人以内など少人数、短時間で深酒をせず、大声を出さず、会話のときはマスクを着用)
黙食

3.職場内では

  • 業種別ガイドラインや新北海道スタイルの実践を進める
  • 休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策を徹底する
  • テレワークや時差出勤を推進する
新北海道スタイル(北海道公式ホームページへ移動します)
十勝総合振興局からのメッセージ(120.30 KB)

イベント開催制限について(8月2日更新)

 8月2日のまん延防止等重点措置の適用に伴い、イベントも人数上限および収容要件については、以下のとおり決定しました。今後も感染リスク低減策を十分講じた上で開催いただきますようお願いします。
イベント開催制限について(北海道公式ホームページに移動)

北海道コロナ通知システムについて(令和2年6月26日更新)

北海道は、不特定多数の人が利用する施設やイベントなどにおいて、新型コロナウイルスが拡大することを防止するため「北海道コロナ通知システム」の利用を開始しています。このシステムを利用したイベントなどに参加したときは、ご協力をお願いいたします。
  • 施設利用やイベントに参加したときに、QRコードからEメールアドレスをご登録いただくと、同じ日、同じ施設を利用した人の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、北海道からEメールでお知らせします。
  • このシステムは、感染者が同じ施設を利用していた可能性が高いものの、どの程度の接触があったかはわかりませんので、ご利用者に感染の疑いがあるとは限りません。
北海道コロナ通知システム

事業者の皆さんへ

「北海道コロナ通知システム」へ登録することにより、感染防止対策に取り組んでいる施設である事が認知され、施設利用者(お客様)に安心して利用していただくことができます。また、お知らせを受け取った人の体調が悪化した場合、相談窓口に連絡することでスムーズな対応が受けられますので、積極的な登録をお願いします。
北海道コロナ通知システム(北海道公式ホームページに移動)

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について(令和2年11月2日更新)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、利用者が感染者と接触した可能性について通知を受けることができる「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の配信をしています。このアプリは、感染の可能性をいち早く知ることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや、外出自粛など適切な行動をとることができ、感染の拡大防止につながります。また、接触の可能性について通知を受け取った人は、相談センターなどに相談の上で検査を受ける場合には、利用者本人の検査に係る費用負担なしに検査を実施することができます。個人が特定される情報や、陽性者と接触者との関係についての情報は一切記録されず、プライバシーは十分に保護されています。ご自身のスマートフォンにインストールして、是非ご利用いただきますようお願いします。
COCOA
新型コロナウイルス接触確認アプリについて(厚生労働省ホームページ)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)チラシ(1.28 MB)
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)利用者向けQ&A(122.90 KB)

【音更町を元気に!プロジェクト】「おとふけ割」期間延長・対象拡大で実施しています(3月31日更新)

音更町宿泊助成事業「おとふけ割」につきまして、期間を4月27日(火曜日)宿泊分まで延長するとともに、助成対象を北海道民に拡大して実施しています。
詳細はこちら(内部ページへリンクします)

音更でテイクアウト【飲食店を応援するサイトを紹介します!】(令和2年7月8日更新)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、大きな打撃を受けた飲食店を応援するため、テイクアウト可能な町内のお店を紹介します。
 テイクアウト詳細ページはこちら

【事業終了】おとふけ飲食店応援クーポン券を交付します(令和2年10月1日更新)

町と音更町商工会は協力して、新型コロナウイルス感染症の影響により、経営状況が悪化した町内で飲食業を営む人を支援するため、「おとふけ飲食店応援クーポン券」を交付します。
(注)9月30日(水曜日)をもって事業終了しました。

交付対象者

令和2年6月1日から9月25日までの間において本町の住民基本台帳に記載されている人

クーポン券

1人当たり500円×2枚=1,000円
クーポン券の引換券に記載された枚数(世帯人数分)を交付します。引換時には必ずクーポン券引換券をお持ちください。

引換場所

町内の7つの郵便局で引換ができます。
(音更郵便局、音更大通郵便局、音更緑陽台郵便局、木野郵便局、鈴蘭郵便局、駒場郵便局)

引換期間

令和2年6月29日(月曜日)から令和2年7月31日(金曜日)まで

使用期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで