ここから本文

感染症対策

インフルエンザに注意しましょう

インフルエンザに注意しましょう

インフルエンザは、例年、12月から3月にかけて流行しますが、
今シーズンは、例年よりも早いペースで流行しています。
感染予防のための手洗い・消毒・せきエチケット・換気などを心がけましょう。

(注)医薬品が不足している状態です。特にせき止め、痰切りなどの処方薬が入手しづらくなっていますので、一人ひとりの感染予防対策が大切です。
インフルエンザの感染状況について(外部ページへリンクします)

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症です。
普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、咳などの症状もみられますが、38度以上の発熱、頭痛、関節痛などの全身症状が突然現れます。

なぜ冬期に流行るの?

インフルエンザウイルスは、低温で乾燥した空間では比較的長時間にわたって生存し、感染力を保持しやすいと言われています。

感染経路

患者の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染や、ウイルスが付着した手で口や鼻を触れることによる接触感染があります。

症状

  • 発熱(38度以上)
  • 関節痛、筋肉痛、全身倦怠感(だるさ)
  • 頭痛、咳、喉の痛み、鼻水
(注)嘔吐や下痢など消化器症状がみられる場合があり、子ども、高齢の方、免疫力が低下している方は、インフルエンザそのものや、もともとの病気が悪化しやすくなります。肺炎やまれに脳炎を引き起こす場合もあります。

予防のポイント

インフルエンザにかからないようにするためには、ウイルスに感染する機会を減らすことと、ウイルスに負けないよう環境や体調を整えることが大切です。予防方法について確認しましょう。

感染症予防対策をはじめよう(内部ページへリンクします)をご覧ください。
インフルエンザ リーフレット(913.39 KB)

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があります。特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には、効果が高いと考えられます。
インフルエンザの予防接種について(内部ページへリンクします)をご覧ください。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課健康推進係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線920
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで