ここから本文

成人保健

人間ドック

人間ドック費用の一部を助成します

町では、疾病の早期発見と早期治療を目的として人間ドックの検査費用の一部を助成します。健康を守るために、ぜひ活用してください。

対象者

音更町内在住の40歳以上の人で、下記のいずれかに当てはまる人。
  1. 音更町国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している人
  2. 1.以外の健康保険(被用者保険など)の加入者のうち、被扶養者である人
  3. 生活保護世帯の人

助成内容

一人につき5,000円を上限に助成します。自己負担額は各医療機関の検査料金から助成額を差し引いた金額です。

申込・受診方法

下記ファイルの指定医療機関へ直接連絡し、予約・受診をしてください。
予約の際は、必ず「音更町の人間ドックを受診したい」と伝えてください。
(注)北斗病院は、申し込み方法が異なります。保健センターへご連絡ください。
指定医療機関一覧(40.28 KB)
(注)医療機関の予約枠が定員になった場合は申し込みが終了になります。

検査項目

身体測定、聴力検査、視力検査、胸部レントゲン検査、胃バリウム検査(または胃内視鏡検査)、便潜血検査(2日法)、腹部超音波検査、血液検査、尿検査、心電図検査、血圧測定など

オプション検査について

医療機関によって別途オプション検査があります。オプション検査の料金については自己負担となります。詳しくは各医療機関へお問い合わせください。

乳がん検診のオプション検査について

帯広厚生病院または帯広第一病院で乳がん検診を追加する人で、対象年齢の人は、助成を受けることができます。希望する人は、予約や受診のときに必ず「音更町の乳がん検診のオプション検査を追加したい」と伝えてください。

対象者

40歳以上(昭和60年3月31日以前生まれ)で、年度内(令和6年4月1日から令和7年3月31日)に偶数年齢になる女性

料金

無料

子宮頸がん検診のオプション検査について

帯広厚生病院で子宮頸がん検診を追加する人で、対象年齢の人は、助成を受けることができます。希望する人は、予約や受診のときに必ず「音更町の子宮頸がん検診のオプション検査を追加したい」と伝えてください。

対象者

20歳以上(平成17年3月31日以前生まれ)で、年度内(令和6年4月1日から令和7年3月31日)に偶数年齢になる女性

料金

1,680円

検査料金が無料になる人

  • 年度内に20歳から38歳までの偶数年齢になる人(頸部がん検査のみ無料)
  • 70歳以上の人、後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護世帯の人
(注)生活保護世帯の人は、生活保護法による保護費支給世帯員であることの証明書(役場福祉課福祉係と木野支所で発行しています)を持参してください。

前立腺がん検診のオプション検査について

帯広厚生病院で前立腺がん検診を追加する人で、対象年齢の人は、助成を受けることができます。希望する人は、予約や受診のときに必ず「音更町の前立腺がん検診のオプション検査を追加したい」と伝えてください。

対象者

50歳以上(昭和50年3月31日以前生まれ)の男性

料金

1,000円

検査料金が無料になる人

  • 70歳以上の人、後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護世帯の人
(注)生活保護世帯の人は、生活保護法による保護費支給世帯員であることの証明書(役場福祉課福祉係と木野支所で発行しています)を持参してください。

受診結果について

人間ドックの結果などは、受診した医療機関から本人へ通知されますが、保健センターにも通知されます。
結果によっては、保健センターから本人へ連絡する場合があります。

その他

  1. 町の人間ドックで特定健診、後期高齢者健診を受ける人は、集団健診の特定健診、後期高齢者健診を重複して受けることはできません。
  2. 町の人間ドックで胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診を受ける人は、集団健診(検診)の胃がん検診、肺がん検診、大腸がん検診を重複して受けることはできません。
  3. 町の人間ドックのオプション検査(子宮頸がん検診、乳がん検診)で助成を受ける人は、集団健診(検診)または指定医療機関で実施する子宮頸がん検診、乳がん検診を重複して受けることはできません。
  4. 人間ドックのオプションで脳ドックを受診する場合、町の脳ドック助成を利用することはできません。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課健康推進係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線920
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで