ここから本文

成人保健

特定健診・特定保健指導

特定健診

特定健診は、生活習慣病の発症予備群であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した検査を行うことで、生活習慣病予備群を減少させるための予防を目的としています。現在、疾病全体に占める生活習慣病の割合が増加し、医療費に占める割合も約3分の1となっています。
医療保険者に実施が義務付けられています。音更町の国民健康保険に加入している人は、音更町が特定健診を行います。それ以外の医療保険に加入されている場合は、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。

対象者

40歳から74歳で、4月1日現在に音更町の国民健康保険に加入していて、年度途中で脱退していない人
ただし、次の人は対象から外れます(受診券が送付された場合でも受診できません)。
  1. 妊産婦
  2. 病院や診療所などに6カ月以上継続して入院している人
  3. 障害者支援施設などに入所している人
  4. 養護老人ホームなどに入所している人
  5. 介護老人福祉施設や介護老人保健施設などに入所している人
  6. 年度中に満75歳になる人のうち、75歳の誕生日以降に特定健診を受診する人(この場合は「後期高齢者医療制度」による健康診査の受診となります。)
(注1)対象者には毎年5月ごろに特定健診の受診券を送付します。
(注2)音更町に居住する18歳から39歳の人で、職場などの健診を受ける機会のない人と18歳以上の生活保護受給者は一般基本健診(別のページにリンクします)で、後期高齢者医療保険加入者は後期高齢者健診(別のページにリンクします)で、特定健診と同様の特定健診を受けることができます。

実施期間

受診券(ピンク)が届く5月頃から翌年の3月31日までに1回受診できます。

検査項目

基本的な検査項目

問診・身体計測・診察、血圧測定・血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール(脂質検査)、AST、ALT、γ−GTP(肝機能検査)、クレアチニン(腎機能検査)、空腹時血糖、HbA1c(血糖検査))、尿検査、総たんぱく・アルブミン(肝機能検査)、尿酸(痛風の原因となるものです)、貧血検査、心電図検査

詳細な検査

眼底検査(医師が必要と判断したときは、詳細な検査を行う場合があります。)

自己負担額

基本検査

  • 4月1日現在で満65歳未満の人…1,000円(年度内年齢65歳以下)
  • 4月1日現在で満65歳以上の人…500円(年度内年齢66歳以上)

一定の基準のもと医師が必要と判断した検査

眼底検査…350円
(注3)集団健診および他の健診とあわせて特定健診を実施する人は、医療機関など健診の実施者の指定する金額となります。
(注4)決められた項目以外の検査、治療を受けた場合は別途自己負担となります。

受診方法

個別健診

音更町内の他、帯広市内の医療機関でも受診可能です。
詳しくは、個別健診実施機関一覧(162.30 KB)をご覧ください。
(注5)受診の留意事項などは、予約のときに医療機関にご確認ください。
(注6)受診当日は「受診券」、「保険証」、「質問票」を必ず持参してください。予約をしていても受診券がないと受診できないことがあります。

集団健診

集団健診(検診)をご覧ください(別のページにリンクします)

特定健診結果通知など

後日、受診した医療機関などから健診結果通知書、生活習慣病について資料などが届きます。

マイナポータル上での健診結果の閲覧について

令和3年10月21日から、特定健診の結果をマイナポータル上で閲覧できるようになりました。
詳しくはマイナポータルのトップページ(外部サイトへリンクします)をご覧ください。
マイナポータルの機能追加について(2.29 MB)

その他

  • 労働安全衛生法、その他の法令に基づき勤務先などで健康診断を行う場合は、そちらが優先となります。
  • 農協組合員が農協の助成を受けて帯広厚生病院で受ける人間ドックについては、その基本健診分は特定健診を受診したこととなりますので、受診のときに「受診券」を持参してください。

特定保健指導

特定健診の結果を、生活習慣改善の必要性の程度で階層化し、「動機付け支援」「積極的支援」の区分に該当した人を対象に、生活習慣の改善のための指導を医師・保健師・管理栄養士などが指導・アドバイスを行います。

特定健診・特定保健指導のながれ

(47.40 KB)
(注)クリックすると拡大します

第3期音更町国民健康保険特定健康診査等実施計画を策定しました

音更町国民健康保険では、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき平成20年度に特定健康診査等実施計画を策定し、特定健康診査や特定保健指導を実施することで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)など生活習慣病の予防に取り組んでまいりました。
特定健康診査等実施計画については、これまでの5年から6年を1期として定めることとなり、第2期(平成25年度から平成29年度)の計画期間が終了することに伴い、第3期(平成30年度から平成35年度)の計画として策定しました。
この計画は、40歳から74歳までの音更町国民健康保険の加入者に対する特定健康診査や特定保健指導の実施について、目標や具体的な内容を定めています。
年に一度は健診を受けて健康状態をチェックし、生活習慣病を予防しましょう。
第3期音更町国民健康保険特定健康診査等実施計画(154.81 KB)
第3期音更町国民健康保険特定健康診査等実施計画(概要版)(53.92 KB)

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課健康推進係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線920
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで