ここから本文

成人保健

感染症予防対策をはじめよう

かぜやインフルエンザなどの感染症は、各個人・各家庭で感染予防対策を行うことが重要です。手洗い・うがいを始めとした感染予防対策を行い、せきエチケットを身につけましょう。

手洗いの方法

  1. 水で手を濡らし、石けんをつけてよく泡立てます
  2. 5回ずつ手の平と甲を洗います
  3. 5回ずつ指の間を洗います
  4. 5回ずつ親指のまわりも忘れずに洗います
  5. 5回ずつ爪・指先を洗います
  6. 5回ずつ手首を洗います

123

456
(注1)1から6の順で手洗いをし、流水で十分にすすいで清潔なタオルやペーパータオルで手をふき、乾燥させましょう。
(注2)最後に消毒用アルコール(アルコール分60%から80%)をすり込むと、より殺菌効果が高まります。

うがいの方法

  1. 口の中の汚れを取るように、ブクブクうがいをします
  2. 一度水を吐き出します
  3. もう一度口に水をふくみ、のどの奥までしっかりと、3回以上ガラガラうがいをします

マスクの取り扱い方法

不織布製マスクは、使い捨てマスクです。1日1枚程度を目安に替えましょう。洗濯や消毒は勧められません。また、マスクにはウイルスが付着している可能性があるので、表面は触れないようにしましょう。

マスクの付け方

  1. 鼻、口、あごを覆う
  2. マスクの可変部分を鼻筋に合わせる
  3. ゴムひもで耳にしっかり固定する

マスクのはずし方

  1. 片耳のゴムひもを持ち顔からはずす
  2. 反対側のゴムひもを持ち、顔からはずす
  3. マスクを捨てるときも、表面に触れないように注意する
(注3)マスクの表面に触れないように、ビニール袋に密閉し、蓋付きのゴミ箱に捨てましょう。捨てた後は、手指にウイルスがついているかもしれないので、すぐに手を洗いましょう。
 

守ろう!せきエチケット

  • せきやくしゃみをするときはティッシュペーパーなどで口と鼻を押さえ、ほかの人から顔をそむけて2m以上離れましょう。ティッシュペーパーなどがないときは、手よりも周囲に触れにくい曲げたひじあたりで押さえましょう。
  • 鼻汁や痰(たん)はティッシュペーパーに出し、すぐにふたつきのゴミ箱に捨てましょう。
  • マスクを正しく着用し、周囲の人やせきをしている人にマスクの着用をすすめましょう。できれば透過性の低い不織布製のマスクを使用しましょう。
  • 日ごろから規則正しい生活をし、栄養バランスのとれた食事や十分な休養をとるなどして、体力・抵抗力を高めましょう。
  • 室内を適切な温度や湿度に保ちましょう。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課健康推進係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線920
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで