ここから本文

予防接種

インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します

ワクチン接種を受けましょう

インフルエンザの予防接種は、かかっても重症化を予防する効果があり、約5カ月間持続するとされています。インフルエンザは例年12月頃から流行しますが、ワクチンの効果が現れるまでには2週間程度かかることから、その前に予防接種を済ませましょう。

令和5年度助成対象者

(1)接種日に満65歳以上の人
(2)接種日に60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいにより身体障害者手帳1級の交付を受けている人
(3)中学3年生(平成20年4月2日から平成21年4月1日生まれの人)
(4)高校3年生または高校3年生に相当する年齢の人(平成17年4月2日から平成18年4月1日生まれの人)
(5)妊婦
(6)接種日に13歳未満の人

助成対象となる接種期間

令和5年10月1日から令和6年3月31日まで

助成金額と回数

助成対象者(1)から(5)に該当する人

1人1回に限り1,500円を上限に助成します(接種費用が1,500円未満の場合は実費分)。

助成対象者(6)に該当する人

1人2回まで1回当たり500円を助成します。

(注)生活保護受給者で助成対象者(1)から(6)に該当する人は、費用の全額を助成します。ただし、生活保護受給者であっても(1)から(6)に該当しない場合は、補助対象となりません。

助成方法

町内の指定医療機関で接種するとき

医療機関で請求される接種費用が、1,500円(13歳未満の人は500円)減額されますので、差額をお支払いください。

指定医療機関以外で接種するとき(令和5年度から手続きが変わります)

必ず事前に手続きが必要になります。手順は次のとおりです
(1)町に音更町インフルエンザ予防接種実施依頼書交付申請する。
(2)町から予防接種実施依頼書を受け取り、接種医療機関へ依頼書を提出して接種を受ける。
(3)予防接種予診票の写しを医療機関から受領し、接種費用の全額を支払う。
(4)接種後に町に補助金交付申請(予診票の写しなどを添付する。)をする。申請のおよそ1か月後に指定口座に助成金が振り込まれます。

手順(1)の「音更町インフルエンザ予防接種実施依頼書交付申請」は次のいづれかで申請してください。

Web申請

音更町インフルエンザ予防接種実施依頼書交付申請受付サイト(外部サイトへリンクします)
にアクセスして必要事項を入力して送信する。(スマートフォンからでも申請できます。)

書類申請

下記の申請書をダウンロードして必要事項を記入し、健康推進課(保健センター)または木野支所に申請書を提出。
音更町インフルエンザ予防接種実施依頼書(10.21 KB)

指定医療機関での接種に必要なもの

運転免許証、健康保険証および後期高齢者被保険者証などの公的証明により住所、氏名、生年月日が確認できるもののほか、助成対象者別に次のものが必要になります。また、過去に接種した人は、予防接種記録カードも持参してください。

  • 助成対象者(2)に該当する人:身体障害者手帳
  • 助成対象者(4)に該当する人:学生証
  • 助成対象者(5)に該当する人:母子健康手帳
  • 助成対象者(1)から(6)に該当する人で、生活保護世帯の人:生活保護費支給対象の世帯員であることの証明書(役場福祉課または木野支所で発行します)。

未成年者の接種について

未成年者は、原則として保護者同伴で受診し、予診票の自署欄に保護者の同意署名をした上で接種を受けてください。
やむを得ず保護者が同伴できない場合は、あらかじめ指定医療機関で説明書と予診票を受け取り、説明書を十分理解、納得された上で予診票の自署欄に保護者が署名してください。
保護者の署名がない場合は、予防接種を受けられません。医療機関によっては、保護者同伴でなければ接種できない場合もありますので、接種を希望する医療機関にお問い合わせください。

指定医療機関

音更宏明館病院 田中医院
音更病院 十勝勤医協帯広病院
おとふけホームケアクリニック 十勝勤医協白樺病院
音更役場前クリニック とかち内科循環器科クリニック
帯広徳洲会病院 とかち泌尿器科
木野東クリニック 豊川小児科内科医院

詳細は下記のPDFファイルを参照ください。
指定医療機関詳細(48.62 KB)

インフルエンザを予防しよう

ワクチン接種は、かからないまたはかかっても重症化しないことを目的に接種します。予防接種に加え、日頃の生活からインフルエンザに注意しましょう。

手洗いでウイルスを洗い流そう

石けんやハンドソープを十分に泡立ててから手洗いしましょう。

うがいでのどを清潔にしておきましょう

うがいはのどを清潔にし、ウイルスがつきにくくなる効果があります。帰宅後はうがいをしましょう。

体を温めましょう

寒さは呼吸器の循環を悪くし、体の抵抗力を弱めます。温かい食事をとったり、外出時は温かい服装を心がけましょう。ただし、厚着のしすぎは逆効果です。

睡眠・休養をしっかり取りましょう

床につくのは、できるだけ午前0時前にしましょう。質の良い睡眠で体を休めます。また、睡眠不足や疲れているときは、外出を控えましょう。

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課健康推進係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-2712 内線920
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで