ここから本文

こども

令和6年4月から「音更町こども家庭センター」を設置します

こども家庭センターとは?

児童福祉法の改正により、母子保健機能(子育て世代包括支援センター)と児童福祉機能(子ども家庭総合支援拠点)を統合した一体的な相談体制を整備するため、令和6年度から「音更町こども家庭センター」を設置します。
こども家庭センターでは、全ての妊産婦、子育て世帯、こどもに対し、悩み事や心配事についての相談ができます。
音更町こども家庭センターポスター(703.16 KB)

こども家庭センターの役割

母子保健機能と児童福祉機能の一体的な運営を通じて、(1)妊産婦および乳幼児の健康保持・増進に関する包括的な支援、(2)こどもとその家庭(妊産婦を含む)の福祉に関する包括的な支援を、切れ目なく、漏れなく提供することを目的としています。
(1)母子保健機能
母子保健事業を通じて、妊娠、出産、子育てへの切れ目のない伴走型相談支援の実施。
(2)児童福祉機能
こどもとその家庭および妊産婦を対象に、その福祉に関して必要な支援の実施。
要支援児童、要保護児童と当該児童の保護者を対象とした支援の実施。

例えば、こんな時にご相談ください。

  •  妊娠したらどこで母子手帳をもらえばいいの?
  •  出産準備は何をすればいいの?
  •  母乳は足りてる?ミルクの適切な量を知りたい。
  •  赤ちゃんが泣いてばかりいて、子育てが楽しくない。
  •  離乳食は、いつから始めたらいいの?
  •  こどもとの関わり方がわからない。
  •  発達が気になるけど、誰に相談したらいいの?
  •  こどもの行動が乱暴だと感じることがあるので、誰かに相談したい。
  •  イライラしてこどもに当たってしまうけど、どうしたらいいの?
  •  虐待を見かけた
 など、一人で悩まずお気軽にご相談ください。

開設場所

 音更町新通8丁目5番地(音更町保健センター内)
 月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時30分まで(土・日曜、祝日、年末年始を除く)
 相談専用電話:0155-42-6200

お問い合わせ

保健福祉部健康推進課子ども支援係
080-0104  北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-42-6200 内線961
ファクス:0155-42-2713

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで