ここから本文

くらし

オープンデータ

インターネットの普及、端末の能力向上などにより、一般企業や個人が容易に大量のデータを扱えるようになり、国、自治体等が保有する公共データのビジネス活用等への期待が高まっています。
その中で、国では「電子行政オープンデータ戦略」として、国や自治体が保有するさまざまな公共データを、身近な住民サービスやビジネスに利活用することを目指しています。

オープンデータとは

「オープンデータ」とは、行政機関等が保有する公共データを機械判読に適したデータ形式で、かつ誰もが二次利用を可能とするルールによって公開されたデータのことです。
オープンデータを有効活用することで、公共サービスの向上はもとより、行政の透明性・信頼性の向上、官民協働・市民参加の推進、新たなサービスやビジネスの創出による経済の活性化につながることが期待されており、国をはじめ自治体においても取組が活発化しています。

オープンデータに関する取組み

音更町が保有するデータのオープンデータ化

音更町が保有するデータのうち、公開できるものから「北海道オープンデータポータルサイト」で公開しています。

北海道オープンデータポータルサイト(外部サイト) 

お問い合わせ

総務部情報システム課情報システム係
080-0198  北海道河東郡音更町元町2番地
電話:0155-42-2111 内線242
ファクス:0155-42-2117

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで