ここから本文

公園

公園についてのお知らせ

公園施設でのやけどに注意!

夏の強い日差しにより、公園の遊具やベンチなどが非常に熱くなっている場合があります。
大人よりも皮膚が薄い子どもにとって、やけどは重症化しやすいため、注意が必要です。
屋外での活動の際には、しっかりと暑さ対策をして楽しんでください。

やけどや熱中症を防ぐポイント

遊具などを利用する前には、保護者の方がまず触って温度を確かめる

朝方や夕方などの涼しい時間帯に外出する

帽子をかぶり、こまめに水分補給をする

現在、使用を禁止している遊具

公園名 遊具名
柳町北公園                滑り台                     

 その他お知らせ

公園トイレのトイレットペーパーの設置について

公園トイレのトイレットペーパーは、過去にいたずら(一度に大量に流して故意に詰まらせたり、火を付けたりする行為など)や窃盗が頻発したことから、基本町で設置していません。

(注)試験的になつぞら公園のみ、全ての便房に設置しており、むつみアメニティパーク・鈴蘭公園西棟(夏期)・ハイウェイ記念公園については、身障者用トイレにのみ設置をしています。

冬期間も利用できるトイレについて

公園名 利用可能時間
むつみアメニティパーク 午前7時から午後5時まで
鈴蘭公園(西側トイレのみ) 24時間
ハイウェイ記念公園 24時間
緑陽台近隣公園 24時間
なつぞら公園 午前7時から午後10時まで

公園への雪押し行為の禁止について

重機や除雪機による公園、緑地などへの雪押しや雪入れは、重大な人身事故やフェンス・遊具など公園施設の破損、融雪後のごみや砂利の散乱などの恐れがあるため、禁止しています。なお、雪押しや雪押しによりフェンスなどの公園施設を破損した場合は、現状復旧をしていただくことになりますので、役場土木課公園管理係までご連絡ください。

公園駐車場の施錠について

むつみアメニティパークの駐車場について、6月中旬~9月下旬まで午後9時~午前7時までの間、出入口を施錠しています。

音更町公園トイレ利用状況調査について

調査の目的および概要

町では、公園トイレの維持管理の内容を検証するため、利用頻度が高い通年利用トイレの中から4カ所選定し、利用実態調査を行っています。

調査箇所

  1. むつみアメニティパーク
  2. ハイウェイ記念公園
  3. 緑陽台近隣公園
  4. なつぞら公園

調査期間

令和4年4月1日から令和6年3月31日までの2年間

調査方法

各公園トイレの男性用・女性用トイレの入口には人感センサーを、身障者用・多機能トイレの入口には扉開閉センサーを設置して、入室者数をカウントします。

調査費用

無償

調査協力事業者

KDDI株式会社(ビジネスIoT推進本部 地方創生支援室)
エコモット株式会社(IoTインテグレーション事業部)
(注)本調査は、KDDI株式会社の地域貢献事業の一環で行っています。

お問い合わせ

建設部土木課公園管理係
080-0198  北海道河東郡音更町元町2番地
電話:0155-42-2111 内線338
ファクス:0155-42-2142

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで