ここから本文

お知らせ

ミニ写真展「カムカムオトフケ」を開催しています

第5弾は「帝国繊維音更亜麻工場編」

 令和4年4月からスタートしたミニ写真展「カムカムオトフケ」は音更町内の昭和の写真をテーマごとに展示するもので、「木野市街編」から始まり「音更市街編」「万年・駒場編」「国鉄士幌線編」を開催してきました。12月からは「帝国繊維音更亜麻工場編」です。


 亜麻はシーツやタオル、テーブルクロスなどリネンという名称で知られていますが、生地が丈夫なことから、昔は軍服、戦艦の砲身カバー、テントなどに使われました。
 道内では多くの亜麻が栽培され、抜き取った亜麻から繊維を取り出す工場が各地に作られました。
 帝国繊維の前身である帝国製麻は音更に工場を建て、昭和14年に操業を開始し、多い時には町内で1400ヘクタールの亜麻が作付されました。しかし、戦争が終わり、化学繊維が登場して亜麻の需要は激減、工場も次々と閉鎖され、最後に残った音更工場は昭和45年に閉鎖されました。



 展示会では音更亜麻工場の社宅に住んでいた人(千葉県在住)から提供された貴重な写真のほか、帝国繊維(本社 東京)の協力で、古い社史、亜麻や亜麻の種のほか、繊維から製品を作っていた札幌工場のレンガの建物を描いた油絵も展示しています。

とき

12月5日(月曜日)~令和5年1月31日(火曜日)、午前9時~午後5時30分
(注)水曜日は休館です。また12月28日(水曜日)~令和5年1月4日(水曜日)は休館します。

ところ

生涯学習センター(希望が丘1 帯広大谷短期大学北側交差点角) 
電話 0155-42-4099

 

お問い合わせ

教育委員会教育部生涯学習課
生涯学習センター
080-0335  北海道河東郡音更町希望が丘1番地
電話:0155-42-4099

本文ここまで

PageTop

フッターメニューここまで