9月は世界アルツハイマー月間です

9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。

認知症の理解を進め、本人や家族への施策が充実することを目的に、国際アルツハイマー病協会が1994年に制定しました。

また、2012年からは、9月を「世界アルツハイマー月間」として世界各国で啓発活動が行われています。

認知症は誰もがなりうるものであり、家族や身近な人が認知症になることなどを含め、多くの人にとって身近なものです。

ご本人やその家族が地域で自分らしく暮らし続けるためには、認知症の理解を深めることが大切です。

町は、世界アルツハイマーデーおよび月間の機会を通して、認知症の理解を深めるための取り組みを行います。

認知症の展示を行います

音更町図書館に「認知症」をテーマとした展示を行います。

認知症に関する本の紹介だけでなく、音更町認知症ガイドブックの活用方法など、皆さんに役立つ情報もお届けします。

当事者や家族が書いた本、当事者や家族を支える本、こども向けの絵本など幅広い本が集まりました。ぜひ、お立ち寄りください。

開催期間

令和2年9月1日から令和2年9月30日まで

ところ

令和2年度認知症サポーター養成講座を開催します

認知症を理解し、認知症の人とその家族を見守り「応援者」となる認知症サポーターを養成する講座です。

認知症の症状や対応方法などを学び、自分たちにできることを考えます。1回の受講でサポーターになることができます。

日程・会場

 

日程・会場
実施日 時間 会場 申し込み期限
令和2年9月30日(水曜日) 午後6時30分から午後8時まで 音更町総合福祉センター 令和2年9月23日(水曜日)

 

参加費

無料

申し込み

電話またはファックスでお申込みください。

認知症に関する困りごとをご相談ください

高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を続けられるよう、ケアマネジャー、保健師、社会福祉士、認知症地域支援推進員などが様々な相談や支援を行います。

認知症やその介護についての悩みや不安がある場合は、抱え込まずにご相談ください。

「近隣の一人暮らしの高齢者が心配」などといった地域住民からの相談にも対応します。

相談窓口

あなたがお住まいの地域を担当する地域包括支援センターか、高齢者福祉課にご相談ください。

地域包括支援センター(内部ページにリンクします)

お問い合わせ先
音更町役場保健福祉部高齢者福祉課包括支援係
〒080-0104 北海道河東郡音更町新通8丁目5番地
電話:0155-32-4567(内線:943)
ファクス:0155-32-4576