「特別定額給付金」について(1人当たり10万円給付)

施策の目的

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)では、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして、全国各地のあらゆる現場で取り組んでいる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連携して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示されています。

 このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行います。

給付対象者および受給権者

給付対象者

 基準日(令和2年4月27日)において、本町の住民基本台帳に記録されている全ての人

 (注)配偶者からの暴力を理由に避難している方

 配偶者からの暴力を理由に本町へ避難している人で、配偶者と生計を別にしている人や、その同伴者の方であって、事情により基準日以前に本町に住民票を移すことができない人は、一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、本町で給付を受けることができます。

 ・詳細はこちらのチラシをご覧ください(531KB)

 ・配偶者からの暴力を理由に避難している人の申出書データ(40KB)

受給対象者

 世帯主

給付金額

 世帯構成員1人につき10万円

申請・給付方法

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、給付金の申請は次の「(1)郵送申請方式」および「(2)オンライン申請方式」のどちらかを基本とし、給付は、原則として受給権者の本人名義の銀行口座への振込みにより行います。

(1)郵送申請方式」と「(2)オンライン申請方式」のどちらがご自分に適しているかについては、下図の判定フローをご参照ください。

 クリックすると拡大します。

 ダウンロードはこちら(2.1MB)

 (注)この判定フロー図は、茨城県五霞町がオープンデータ(CCBY)で公開しているものを一部改変して掲載しております。

(1)郵送申請方式

 町が受給対象者宛てに郵送する申請書に、振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに、同封の返信封筒で、音更町役場(企画財政部企画課企画調整係)に郵送する方法です。

 5月20日(水曜日)に申請書等の必要書類を郵送しておりますので、8月21日(金曜日)までに申請してください。(当日消印有効)

 ・特別定額給付金の手続に関する留意事項はこちらをご覧ください(同じ内容の文書を申請書と一緒に郵送しています)(383KB)

 ・申請書の記載要領はこちらからご参照ください(同じ内容の文書を申請書と一緒に郵送しています)(493KB)

(2)オンライン申請方式

 マイナンバーカードを所持している人が利用できます。マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請する方法です。(電子署名により本人確認を行うため、本人確認書類は不要)

 5月1日(金曜日)から受付を開始しておりますので、8月21日(金曜日)までに申請してください。

・オンライン申請を希望する人は、こちらのマイナポータル上の「ぴったりサービス」から申請してください。(外部サイトへのリンク)

 オンライン申請の操作方法についてご不明な点は、以下に記載している総務省の「コールセンター」にお問合せください。

 

総務省設置のコールセンターについて

 総務省は、特別定額給付金に関するお問合せに対応するため、「特別定額給付金コールセンター」を設置しています。

 【電話番号】0120-260020(フリーダイヤル)

 【受付時間】午前9時~午後6時30分(平日・休日問わず)

給付金支給を装った詐欺にご注意ください

 新型コロナウイルス感染症に便乗した、身に覚えのない商品の送り付けや、行政機関を語った個人情報を聞き出すなどの詐欺にご注意ください。

詐欺かどうかを確認しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリックすると拡大します。

ダウンロードはこちら(338KB)

 

関連リンク