上下水道料金などが変わります

令和元年10月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられたことに伴いまして、一部の料金に関して消費税率の引き上げに対応した改定を行います。

皆さんにはご負担をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

料金改定について

料金改定の対象

消費税率(注1)引き上げに伴って料金改定を行うものは、水道料金、簡易水道料金、下水道使用料、個別排水処理施設使用料、畑地かんがい用水使用料、水道口径別負担金、簡易水道口径別負担金の7項目の料金です。

(注1)消費税…正しくは消費税と地方消費税とに分かれていますが、ここではこれらを合わせて消費税と表記しています。

料金の算定方法

改定前料金は、消費税率8%相当額を含んだ金額です。今回の改定では、税抜額を変更することなく、消費税率の引き上げ分のみ、料金を改定するように算定しています(下記の計算式を参照)。

料金の算定方法(計算式)

 改定前料金の税抜額×1.10(10%加算)=改定後の料金

(注2)改定後の料金に1円未満の端数がある場合は、端数処理により、これを切り捨てます(改定前料金の端数処理も同様です)。

算定方法の例

 水道(口径13mmのメーターを使用)の基本料金の場合

 ○改定前

 (税抜)1,086円×1.08=1,172.88円

 (端数処理後)→1,172円

 ○改定後

 (税抜)1,086円×1.10=1,194.6円

 (端数処理後)→1,194円

料金改定の内容

改定前料金と改定後料金との比較については、下表のとおりです。なお、この表の料金のほかに、家の新築に伴い給水装置を新設するような場合などに必要となる「水道・簡易水道口径別負担金」についても、負担金に含まれている消費税率8%相当額を10%に引き上げた額に改定します。

主な料金の金額比較表(消費税込み)

(注3)畑地かんがい用水使用料に関することは、役場土地改良課土地改良係(内線747)にお問い合わせください。

改定後の上下水道料金早見表(メーターの口径が13~25mmの場合)

適用時期

改定後の料金は、令和元年10月1日から適用されます。ただし、令和元年10月請求分の料金については、使用開始の時期などにより、下記のとおり金額が違いますのでご注意ください。

令和元年9月30日以前から使用している場合

 10月の検針までの分⇒改定前の料金(消費税率8%)

 10月の検針後の分⇒改定後の料金(消費税率10%)

令和元年10月1日以後に使用を開始した場合

 改定後の料金(消費税率10%)

お問い合わせ先
音更町役場建設水道部上下水道課総務係
電話:0155-42-2111(内線:377)
ファクス:0155-42-2142