今後の学校教育活動の方針について

新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中、感染症対策と子どもたちの健やかな学びの両立が不可欠となります。

音更町教育委員会は、今後の学校教育活動への基本的な対応について、下記のとおり方針を定めました。

 


今後の学校教育活動の方針について(概要)

令和2年6月26日

音更町教育委員会

 

方針策定の趣旨

 新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中で、感染症対策と子どもたちの健やかな学びの両立が不可欠とされていることから、学校教育活動への基本的な対応について方針を定めましたので、保護者の皆様には、ご理解いただきますようお願いします。

 なお、本方針は現時点でのものであり、今後の感染の状況によっては、この対応が変更になる場合があります。

学校教育活動全般について

 不安を抱えている児童生徒の心のケアについては、教職員による日常的な見守りにより、一人一人に応じた心のケアに努めてまいります。特に、新たな環境への配慮が必要な小学校および中学校の第1学年、高校受験を控えて不安を抱える中学校の第3学年については、適切な支援に努めてまいります。相談体制については、学校教育相談員や心の教室相談員、スクールカウンセラーなどで対応するほか、道教委が開設している「子ども相談支援センター」もご活用ください。

今後の学校教育活動について

(1)運動会、体育祭、学習発表会および文化祭について

 通常の形態では行いませんが、授業の中で内容などの工夫を図り、感染症対策も考慮し実施することとします。なお、保護者の参観などを行う場合にあっても、感染症防止対策を徹底した上で行うこととします。

(2)修学旅行、宿泊学習など宿泊をともなう行事について

 感染リスクの低減に努めるため、目的地の変更や実施形態の工夫、宿泊日数の削減などを検討し、各学校の実態に応じて実施することとします。

(3)授業参観について

 分散して開催するなど、開催方法を工夫した上で実施することとします。

(4)水泳授業および水泳プールについて

 学校の水泳プールでの授業については、今年度は実施せず、小学校の水泳プールの開設は行わないこととします。

(5)夏季休業期間中の登校日について

 臨時休業期間の長期化より必要な授業時数の確保が難しいことから、子どもたちの学びを保障するため、当初の夏季休業期間中に10日間の登校日を設け、1学期の終業式を8月7日(金曜日)、2学期の始業式については、8月18日(火曜日)を原則とします。

 登校日については、通常の授業を行い、スクールバスの運行、学校給食の提供を行うこととします。

(6)部活動について

 感染および拡大リスクを可能な限り低減するための工夫を行い実施することとし、また、けがの防止に留意するとともに、過度な負担のかかる活動は避けることとします。大会や対外試合の参加については、学校として責任を持って実施の必要性を判断いたします。

 

お問い合わせ先
音更町教育委員会教育部学校教育課 学校教育係
電話:0155-42-2111(内線:762)
ファクス:0155-42-6288