企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用した寄附について

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の概要

 企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクト(事業)に対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除をする制度です。

 この度、地方創生の更なる充実・強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、制度が大幅に見直されました。

 これにより、損金算入による軽減効果(寄附額の3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割までに圧縮されるなど、より使いやすい制度になりました。

 町は、この制度を活用して企業の皆さんから寄附を募り、地方創生の更なる推進を図っています。

企業版ふるさと納税イメージ図

 

寄附の方法と留意点

 1回あたり10万円以上の寄附が対象になります。

 寄附を行うことの代償として経済的な利益を受け取ることは禁止されています。

 寄附の方法の詳細は、こちらの要綱をご覧ください。(54KB)

 寄附をいただける場合は、こちらの申出書を担当窓口(企画課企画調整係)へご提出ください。(18KB)

 

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の対象事業

 次の事業を掲げた音更町の地域再生計画が国に認定され、企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の対象事業となりました。

魅力発信拠点施設(新たな道の駅)整備による交流促進のまちづくり

 音更町は、国内を代表する農畜産物の産地であるものの、生産した農畜産物の多くは町外で販売・消費され、観光客等を呼び込む資源としては機能していないという面があります。

 現在の道の駅「おとふけ」は、交通事情の変化から観光客の移動ルートから外れるなど設置箇所に問題が生じているほか、施設の規模等から地場の農畜産物や加工品の販売、飲食物の提供が十分にできておらず、その魅力を伝える展示コーナーなども設置できておりません。

 これら課題の解決を図るため、道東自動車道音更帯広インターチェンジにほど近く、観光客の主たる移動ルートとなった国道241号北バイパスに面するエリアに道の駅「おとふけ」を新たに整備し、音更特有の農畜産物や加工品等の販売はもとより、国内を代表する小麦の産地としてベーカリーを設置するほか、地場産品を用いた飲食を提供する飲食店やカフェを設置し、ここでしか味わえない食を提供します。

 また、農業や文化、歴史、風景など十勝・音更の魅力を伝える各種展示コーナーを設置するほか、町外からの来場が見込める収穫祭等の大型イベントをはじめ、外国人を含めた観光客等と町民が日常的に触れ合える演奏会やカルチャー教室等のイベント開催場所としての機能を整備します。

 

≪完成イメージ(鳥瞰図)≫

新たな道の駅(鳥瞰図)

 

 ≪完成イメージ(左:配置図、右:平面図)≫※クリックで拡大します

 新たな道の駅(配置図) 新たな道の駅(平面図)

 

総事業費

1,119,641千円

事業期間

令和2年4月から令和4年3月まで

整備場所

道東自動車道音更帯広インターチェンジ(IC)南側

(音更町下音更北9線西16番地1、字下音更北9線西14番地16、字下音更北9線西25番地3、字音更西2線1番地11、字音更西3線2番地8)

目標

  • 道の駅の来館者数:年間700,840人
  • 道の駅の販売額:年間414,310千円

注)いずれも事業開始前(現時点)からの増加分

 

過年度の対象事業と寄附をいただいた企業のご紹介

サッカー場整備による交流促進のまちづくり

サッカー場 音更町は、サッカーの競技人口が急増している中、町内に公式規格のサッカー場がないため、一定規模の大会を開催することができず、関係者や競技団体のみならず広くサッカー場の整備が望まれてきました。

 また、町内には北海道遺産に選定された「モール温泉」が湧き出す十勝川温泉があり、宿泊施設が充実しているものの、更なる地域経済の活性化のために、より多くの人が音更町に訪れるきっかけを作ることが必要となっています。

 これら2つの課題を解決するために、各種サッカー大会が開催できる人工芝2面のサッカー場を整備し、練習や試合を行う場を確保するとともに、大会の誘致やイベントを開催することで、町外からの訪問者や宿泊客を増加させて、交流人口を拡大し、地域経済の活性化を図ります。

総事業費

535,266千円

事業期間

平成29年4月から平成30年3月まで

整備場所

ひばりが丘緑地(音更町宝来南1条8丁目)

目標

  • サッカー場利用者数:年間33,000人
  • 宿泊の増加数:年間4,000泊

 

クレアート株式会社様から寄附をいただきました

東京音更会の西島秀雄幹事長が取締役を務めるクレアート株式会社様(東京都)から10万円の寄附をいただき、平成30年4月23日(月曜日)、高木副町長から感謝状を贈呈しました。クレアートの皆様及び関係者の皆様、ありがとうございました。

 

株式会社アクアジオテクノ様から寄附をいただきました

本町のまちづくりに多大な貢献をしている株式会社アクアジオテクノ様(札幌市)から100万円の寄附をいただき、平成30年4月18日(水曜日)、小野町長から石塚学代表取締役に感謝状を贈呈しました。アクアジオテクノの皆様及び関係者の皆様、ありがとうございました。

企業版ふるさと納税感謝状贈呈(アクアジオテクノ様)

石塚学代表取締役と小野町長

 

三菱自動車工業株式会社様から寄附をいただきました

本町にテストコースがある三菱自動車工業株式会社様(東京都)から500万円の寄附をいただき、平成30年1月23日(火曜日)、小野町長から増井朋行十勝研究所長に感謝状を贈呈しました。三菱自動車工業の皆様及び関係者の皆様、ありがとうございました。

企業版ふるさと納税感謝状贈呈(三菱自動車工業様)

増井朋行十勝研究所長と小野町長

 

株式会社ニチレイロジグループ本社様から寄附をいただきました

本町のIC工業団地に物流センターがある株式会社ニチレイロジグループ本社様(東京都)から100万円の寄附をいただき、平成30年1月17日(水曜日)、高木副町長(当時)から松田浩代表取締役社長に感謝状を贈呈しました。ニチレイロジグループの皆様及び関係者の皆様、ありがとうございました。

企業版ふるさと納税感謝状贈呈(株式会社ニチレイロジグループ本社様)

松田浩代表取締役社長と高木副町長(当時)

 

 

コンビニエンスストアなどでの印刷のご案内

プリンターなどの印刷機器をお持ちでない人は、コンビニエンスストアなどのプリントサービスを利用して、ダウンロードした申請書などを印刷することができます。詳しくは下記のページをご覧ください。

(注)プリントサービスの利用に当たり、印刷の際にプリント料金がかかります。

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。

外部リンク:Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせ先
音更町役場企画財政部企画課企画調整係
電話:0155-42-2111(内線212)
ファクス:0155-42-2117