音更町中小企業者等事業継続支援給付金を支給します

 新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛要請や休業要請等に伴い、町内の多くの事業者の経営状況に影響を与えていることから、事業の継続と雇用の維持を下支えするため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

支給対象者

 町内に事務所や店舗などを有し事業を営む中小企業者等で、次の要件を全て満たすものを支給対象者とします。

(1)令和2年6月1日現在において、事業実態がある法人と個人(フリーランスを含む)であって、給付金の申請をする日まで継続して町内で事業を営んでおり、受給後も引き続き町内で事業を継続する意思がある者

(2)令和2年4月から9月までの間において、連続する2カ月の売上高の合計が前年同期比で20パーセント以上減少となっている者か連続する2カ月の売上高の平均が令和2年1月から3月までのいずれかの月より売上高が20パーセント以上減少となっている者

(注1)中小企業者等とは、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号に規定する中小企業者と同条5項に規定する小規模企業者をいいます。

上記にかかわらず、次のいずれかに該当する場合は、支給対象となりません。

ア.農林業者

イ.音更町宿泊施設事業継続支援給付金の給付を受けた者で、本給付金の給付上限額と同額以上の給付を受けた者

ウ.政治・経済・宗教上の組織または団体

エ.市町村税(国民健康保険税を除く)の滞納がある場合。ただし、町長が特に認める場合を除く。

オ.役員等(個人にあってはその者、法人等にあっては業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれに準ずる者をいい、相談役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、法人等に対して業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者と同等以上の支配力を有するものと認められる者を含む。)のうちに音更町暴力団の排除の推進に関する条例(平成25年音更町条例第1号)第2条第2号の暴力団員に該当する者がいる場合か同条第3号の暴力団関係事業者である場合

給付金の支給対象となる業種

 建設業、製造業、水道業、情報通信業、運輸業、卸売業、小売業、金融業、保険業、不動産業、物品賃貸業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業、教育・学習支援業、医療、福祉、その他の業種

給付金の支給対象とならない中小企業者等

 次に掲げるものは、中小企業基本法上の「会社」に該当しないため、給付金の支給対象者となりません。

社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、学校法人、農事組合法人、農業法人、組合(農業協同組合、生活協同組合、中小企業等協同組合法に基づく組合等)、有限責事業組合(LLP)

(注2)医者(医療法人)は該当しませんが、医者(個人開業医)は給付金の支給対象者になります。

(注3)士業法人(弁護士法人、監査法人、税理士法人、行政書士法人、司法書士法人、特許業務法人、社会保険労務士法人、土地家屋調査士法人)は、会社法上の会社に属し中小企業基本法に規定する会社に含みますので、給付金の支給対象者になります。

支給金額

 1事業者当たり法人の場合は30万円個人事業者の場合は20万円

 1事業者1回限りの申請になります。

申請方法など

 申請書に記入・押印し、必要書類を添付して、町内金融機関または音更町商工会に申請してください。役場では申請受付をしておりません。

申請受付場所

(1)帯広信用金庫音更支店

(2)帯広信用金庫木野支店

(3)北海道銀行音更支店

(4)北洋銀行木野支店

(5)網走信用金庫音更支店

(6)音更町農業協同組合

(7)木野農業協同組合

(8)音更町商工会

(注4)申請窓口において確認作業を短縮し感染症拡大を低減させるため、極力口座取引のある金融機関に申請するようお願いします。

(注5)振込先口座は全ての口座をご利用できます。

提出書類

(1)【別記第1号様式】給付金交付申請書PDF形式(40.2KB)WORD形式(38KB)記載例(71.7KB)

(2)【別記第2号様式】計算書PDF形式(26.7KB)EXCEL形式(42KB)記載例(74KB)

(3)【別記第3号様式】誓約書兼同意書(第3号様式)PDF形式(42.5KB)WORD形式(35KB)記載例(54.7KB)

(4)営業の実態が確認できるもの(確定申告書の写し、各種営業許可証の写しなど)

(5)売上高の比較ができる各月の売上帳簿等の写し(試算表、売上一覧表など)

(6)振込口座情報の分かる書類の写し(預金通帳、キャッシュカードなど)

(7)チェックシート(68.3KB)

 全ての様式(チラシ・チェックシート・記載例含む)(計10枚)(488KB)

 別記第1号から3号様式・チェックシート(記載例含まない)(計4枚)(174KB)

(注6)申請前に必ず記載漏れや添付忘れがないか、チェックシートにより確認してください。

給付金に関するQ&Aなど

申請期間

 令和2年6月1日(月曜日)から令和2年10月30日(金曜日)までの各受付申請窓口の営業日

(1)金融機関は、平日の午前9時から午後3時まで

(2)音更町商工会は、平日の午前8時45分から午後5時30分まで

お問い合わせ先
音更町役場経済部商工観光課商工労政係
電話:0155-42-2111(内線:732)
ファクス:0155-42-2696